宿泊業だけが外国人へホワイトカラー的またはクリエイティブな仕事をさせることができる

宿泊業だけが外国人へホワイトカラー的またはクリエイティブな仕事をさせることができる

特定技能に関してはパブリックコメントの受付けも始まってようやく少しわかってきました。

宿泊業の特定技能で入れた人たちの仕事内容がどこまでできるのかは依然としてよくわからないところがあります。運用要領によると、

宿泊分野において受け入れる1号特定技能外国人が従事する業務は、上記第1の試験合格により確認された技能を要する宿泊施設におけるフロント、企画・広報、接客及びレストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る業務をいう。あわせて、当該業務に従事する日本人が通常従事することとなる関連業務(例:館内販売、館内備品の点検・交換等)に付随的に従事することは差し支えない。なお、宿泊分野の対象は、以下の日本標準産業分類に該当する事業者が行う業務とする。

と書いてあります。接客やレストランサービスだけでなく、太字にしたところのように、関連業務を付随的にやることは問題がないそうです。ベッドメイキングや皿洗いなどが付随的と認められるのだろうか。技能実習でも高度人材でも最近はよく認められていない仕事をやらせて実習取り消しとか、不法就労助長のような形で罰せられている記事を目にするので、気になるところです。

面白そうだなと思っている点は、「企画・広報」という業務があるということです。こういうホワイトカラー的というかクリエイティブなことが業務内容に入りそうなのは宿泊業だけです。

今までも今も外国人を日本に連れてくるときは、軍隊的なトレーニングと生活環境で半ば洗脳されたような状態で、型にはまったような人たちが望まれる傾向はあります。しかし日本でも生産性をあげようだとか働き方改革だとか叫ばれている中で、外国人には日本人が卒業しようとしている仕事のやり方をさせるのは、時代の流れに逆行しているように感じています。もうすこし外国人が外国人のよさを発揮できるような受け入れ方や、日本人が海外の仕事のやり方から学ぶということがあっていいのかなと思います。

この「企画・広報」の仕事は、特定技能で入ってくるような外国人にできる仕事かはわかりませんが、外国からもっと人を連れてきたいだとか、地域とかホテルの魅力を海外に向けて発信することだと思います。外国人が外国人のよさを発揮できる仕事ではないかと期待しています。

 

依然としてわからないことだらけなので、先走って手を出してしまうのはまだまだ危険です。

去年のフライングで手を出してしまった人たちにより介護で起こったことは、私も巻き込まれましたが悲劇的でした。サッカーでいえば、「ドーハの悲劇」、ラグビーでいえば、「ブルームフォンテーンの悲劇」とは比べられませんが、こういった名前がついて語り継がれていくほどの過ちでした。

介護業界だけでなく日本全体が信頼を失い、介護は今でも人材集めはほぼ不可能な状態で特定技能で条件を緩めたとしても状況が好転するかは疑問です。

宿泊業でも同じようなことは起こさないようにしていかなければなりません。

今のところ、下記のようなことがわからないため、当分様子見は続くでしょう。

まだわからないこと。

・技能試験の内容や日程、場所

4月に受験したら、日本語がすでにできる人なら7月や8月には入国できるかと期待してしまいますが、4月からという話ですが、あと3ヶ月しかありません。その間、どういった勉強が必要で、どれくらいの勉強が必要なのかわかりません。そもそも受験できるかもわかりません。

・業務範囲

上に書いたように、受け入れを決めてから、「ベッドメイキングや皿洗いは不法就労!」という話になったらそれらの業務をやってもらうことをアテにしていたところでは大変です。

・ベトナム側の法律

技能実習のように二国間協定をするそうですが、内容は明らかではありません。ベトナム側のどんな業者が関われるのか、費用設定はどうなるのかも未定です。

介護では日本側の法律が11月にできましたが、ベトナム側で6社だけにライセンスを出したのが数ヶ月後。そしてそれらのライセンスを持った会社に「日本からこれだけの教育費をもらいなさい。これだけの監理費をもらいなさい」などというガイドラインがでてきたのもさらに数ヶ月後。ベトナム側での情報収集もしていますが、日本側の制度の内容を日本人も理解していないので、ベトナム側の政府はこれからの話でしょう。