宿泊業の分野別方針の詳細が官邸ウェブサイトに出てきました

NO IMAGE

昨日閣議決定された新しい制度の基本方針や分野別方針の詳細が首相官邸のウェブサイトに出てきました。

 

「資料2 特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針(案)」がいろいろな業種を網羅しているので、下記のリンクに宿泊業だけ抜き出しました。

【PDF】宿泊業の分野別方針

 

これによると、日本語能力はN4。現実的で良い。

業務内容は、「宿泊施設におけるフロント、企画・広報、接客及びレストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る業務」としか書いてないが、掃除もメインでなければ大丈夫なように思いますが、聞いてみないとわからないですね。

ベトナム側の法律の情報がまだ出てきていないのも心配。二国間協定はまだだと思いますが、それに基づいてベトナム政府もどの送り出し機関に許可を出すのか、そもそも送り出し機関を使うのか使わないのかもわかりません。まだまだ慎重な動きが必要です。ベトナム側の動きは社長に頼んで追いかけてもらっています。