【最近のハノイの変化】自動チャーハン機が多くなってきました

【最近のハノイの変化】自動チャーハン機が多くなってきました

ベトナム人材とは関係ありませんが、送り出し国の変化なども知ってもらえるように、たまにこういう投稿もしてみます。

ハノイの変わりっぷりは早く激しいですが、フォーやチャーハンを提供する小さなお店も変化してきています。

ついこの間まで、大将が手で中華鍋をふっていたのですが、最近はどの店も自動チャーハン機が入るようになってきました。この2~3か月の変化です。

人気で客の絶えない店で導入されるのを最初に見たのですが、うまく使えなかったようでチャーハンもまずく、次に行ったときには使用をやめていました。

しかし最近は使い方がどの店も慣れてきたのか、みんな使うようになっています。味も最初は米粒が崩れたりぱさぱさだったりあまり美味しくなかったのですが、最近は美味しく仕上がるようになってきました。

チャーハンに漬物と牛肉の炒めものがついたメニューがどの店も多いのですが、チャーハンを炒めるのと、その後、牛肉と漬物を炒めるので2回中華鍋を振らなければならなかったのが、チャーハンを機械に任せ、その間に炒め物を作ったり、他の客のフォーを盛りつけたりしてかなり効率的になっています。

この写真の奥のガスボンベの右側にあるものが自動チャーハン機です。

拡大するとこんな感じです。この店ではこの間に牛肉と野菜の炒め物を作っていたので、提供時間も早くなった。

 

◆記事についてのご意見や、宿泊業のベトナム人材(実習生、特定技能、インターンシップなど)の相談があればお気軽にご連絡ください。

E-mail: katoreiwa02@gmail.com(加藤)