宿泊業の特定技能は整わない

宿泊業の特定技能は整わない

いつも読んでいる元技能実習生監理団体職員さんのブログが今日は、特定技能での宿泊業についてでした。

結論としては、

「宿泊業は整わない。」

との内容です。

私も宿泊業での特定技能は無理だと考えているところは同じで、技能実習に期待しているところですが、技能実習にも関係する課題も出ておりますので、耳の痛い話ですが共有させていただきます。

リンク先を読んでいただきたいのですが、宿泊業の特定技能が無理な理由としては

・そもそも悪質業者を利用する以外にコストが合わない。

・人材側にとっても低賃金な上、他の職種よりも高い日本語力を求められるのでコストが合わない

・ホテル側にスタッフを育成し、関係を構築する社内文化があるところが少ない。

と書かれています。

私的に追加する理由として

・給料が低い割に希望している人材レベルが高いため、実際に候補となりえる人材のレベルが違いすぎる

・技能試験の定員と頻度が少なすぎる

ことです。

試験の頻度が安定してくれば、大手などは人材紹介会社や登録支援機関をかまさずに、海外で直接採用&教育して、入国後も育成していく仕組みがあれば大丈夫だと思います。

中小のホテルで可能性があるのは技能実習だと思います。

技能実習では、給料がだいたいどの業種でも同じようなものなので、「最初は」採用はできると思います。しかし、介護で日本に行くつもりだった人たちがナースになるつもりで日本語を勉強していて、実際の仕事は介護だとわかり、一瞬でオワコンになったように、宿泊業でも「フロントの仕事です」だと言って募集する送り出し機関もたくさん出てきて、日本に行って実は料理人やボス猿に怒鳴り散らされながらの下働きが多い状況だということがSNSで広まり、介護や建設と同じ不人気職種になる可能性はかなりの高い確率であるでしょう。

宿泊業は育成や業務の見直しの概念がないホテルも少なくなく、有名なホテルチェーンでもこの概念がないところを2つ知っています。日本人でも最初から要領の良い人だけが評価されてボス猿のようになる職場に、そのまま外国人を入れてしまっては、瞬時にトラブルが発生することは火を見るよりも明らかです。

我々は送り出し機関なので、日本での仕事に適応できるために日本語や職業研修を行いますが、6か月程度の研修で即戦力になることもないので、技能実習の名前の通り、日本に行ってからの育成や、社内環境の構築が不可欠です。

技能実習でも人手不足を解消できるくらいの採用ができ、育成できるかはこれからの我々の取り組み次第でしょう。

 

◆記事についてのご意見や、宿泊業のベトナム人材(実習生、特定技能、インターンシップなど)の相談があればお気軽にご連絡ください。

E-mail: katoreiwa02@gmail.com(加藤)