外国人実習雇用士検定に合格しました。

外国人実習雇用士検定に合格しました。

12月6日に行われた外国人実習雇用士検定というものに合格しました。

特にこの資格を持っているからといって個人としても送り出し機関としてもどうなるわけでもありません。最近は外国人採用系の資格ビジネスも始まっていて、そのひとつとも考えられます。

しかし送り出し機関のベトナム人は日本の法律をあまりよく知らない人、知っていても関係ないスタンスの人が多く、送り出しに関わる自称「顧問」「日本支部」「役員」「駐在員」と名乗る日本人もほぼ無知な人が多く、送り出しのベトナム人が黒も白だと言えば、信じて白だと言ってしまうような人たちです。

そういう人たちとは、違うんですよ。一応、このくらいのテストに合格できるくらいの知識持っているんですよ、程度のことをアピールするために取りました。そのためにこのブログでもアピールしています。

 

外国人関連の民間資格としては、この他に、「外国人雇用管理士」というのがあり、名前が似ているのでうっかり申込をしてしまうところでした。

私の受験した「外国人実習雇用士検定」は入管法が中心ですが、こちらはもう少し範囲が広く、異文化理解や社会保障など入っているようです。

どれが生き残るのかはわかりませんが、そのうちいろんな分野を統合したトータルで外国人材を扱えるプロフェッショナルと認められるような難関資格ができて欲しいですね。

◆記事についてのご意見や、宿泊業のベトナム人材(実習生、特定技能、インターンシップなど)の相談があればお気軽にご連絡ください。

E-mail: katoreiwa02@gmail.com(加藤)