悪質送り出し機関

NO IMAGE

私はまだ見ていませんが、悪徳送り出し機関の存在がベトナムでも問題視されているという内容です。

YouTubeでは見つけられなく、下記のFacebookから見ることができます。

https://www.facebook.com/HocTiengNhatDeNhuAnBanh/videos/2505591836169202/

 

こういう借金問題が取りだたされると必ず名前の挙がるT〇Sグループ。Facebookで下記の画像が公開されていましたが、こういう裏契約を監理団体やブローカーと交わしています。

現在は特定技能との協定のため、日本側からの圧力もあり、このグループのいくつかはライセンス剥奪されるようで、その準備のために、契約している組合や実習生を他のグループ会社に移すなど作業を行っているようです。

私はT〇Sグループとは直接関わったことはありませんが、話したことはないが同業の日本人が以前ここのグループ会社のひとつに勤めていて、日本語教師をやりながらブローカー契約をしていて、ひとりの入国ごとに3000ドルもらっていたとか聞いていましたので、最初から印象はよくありませんでした。

また、前勤めていた送り出し機関のスタッフの多くも、このグループ出身だったため、その営業のやり方を転職先でもやるため、必ず監理団体に下記のような提案をし、ブローカー日本人をつかまえてきてひとり入国事に2000~3000ドルという契約をしようとしていました。

そんな以前の勤務先の会社でも表向きは手数料は法定通りの3600ドルのため、テレビ局にお金を払ったのか、知っている人がテレビ局にいたからか、その両方だと思うのですが、「世の中には悪徳送り出し機関は星の数ほどもあるが、〇インハノイは違う。優良だ」などというヨイショ番組が本当に製作され放送されました。本当に何が本当かわからない世界で、外国人が真実にたどり着くのは難しいと思います。

下のような覚書や営業メールはその時に何度も目にしました。当時この業界に入ったばかりだったので、まずは制度の勉強からしていましたが、技能実習制度や法律で決められていることと、現実で目の前で見ることがかけ離れていたため、自分の日本語の解釈がおかしいのかと思いましたが、いろいろな業界の先輩方のおかげで現実の方が法的にも倫理的にも間違っていることがわかりました。

こういうことをやっているのはT〇Sグループだけでなく、新しい送り出し機関も元T〇Sグループのスタッフがこういうやり方を取り入れて、借金が高い送り出し機関が増殖していったのでしょう。

このグループは営業スタッフの生き残りが厳しいので退職率も高いようですし、日本人を貧しい実習生のお金で売春宿で女性をつけたりしてあげるのに精神的に病んで退職するケースもあります。

辞めたスタッフが別の送り出し機関に行ってこういうやり方を持ち込んだり、ひとり入国させるとウン百ドルのボーナスなどと他のスタッフに伝えて、「自分も営業したらボーナスもらえますか?」などと吹き込んで、善良なスタッフの欲望を目覚めさえる危険もあるので、このグループ出身の人には警戒しています。

ちなみに、下記のメールは現物の画像では、組合名や会社名の実名がでていましたが、ここでは加工しました。

悪徳監理団体とか悪徳人材紹介会社とか、悪徳ブローカーとかは、外国人相手ならバレないと思っていると思いますが、頻繁にこうやって実名入りの書類がポロっとどこかから出てきますし、カラオケや売春宿のお姉さんがLINEの変態メッセージを写真&社名&本人の名前入りで人に教えたりネットにアップすることもありますし、送り出し機関にも日本人スタッフがいるところも多いので、そういう人がメッセージの内容や名前を覚えていたりしますので、外国だからと言って悪いことしてもバレないわけではありません。

 

ちなみにT〇Sグループにはライセンス借りも含めて、下記のような送り出し機関があります。

私の同郷の監理団体も下記の送り出しのひとつと契約していて、監理費とか教育費をタダにしてもらっていると言っていて、「長野のOTITはスタッフ3人しかいないからバレることはない」などと言っていて恥ずかしい。

Alsime〇co
S〇C
Trien〇iet
Thanh〇o
Hogame〇x
Bao〇on
Cole〇to
Hadi〇co
HoangH〇ng
PoLi〇ex
V〇-Group
Viet〇hat
Viet〇Phu
Viet〇R
VietNhat〇R
H〇HR
Vina〇em
Hoang〇ong
T〇C
I〇C