宿泊業・食品加工でのベトナム人材の採用はお任せください

令和おもてなし衛生スクールで入国前研修

目的

指示の理解

6か月程度の日本語教育で入国するため、入国時の日本語レベルは低いです。その中でも指示が理解できるように設備や備品、食べ物の名前、動詞や形容詞を覚える必要があります。

マナー、基礎スキル

配属直後にお客様の迷惑になることを避けるため、最低限のマナー練習を通して習慣づけします。また、皿の持ち方や客室清掃などある程度スキルが必要な作業の練習をします。

初級試験対策

入国後に2~3年日本に残るために技能試験に合格しなければなりません。1年目で身に着けた技能を試す試験ですが、覚えることがたくさんあるため、入国前から準備します。

研修設備

フロント接客練習用

客室清掃練習用

レストラン練習用

和室マナー練習用

ホテルでの清掃研修

食品研修は近くのハノイ技術経済短期大学の調理実習室を借りて行います。

 研修について詳しくはこちら

研修講師

Nguyen Thi Thu Hang

大学でファイナンスを専攻する傍ら日本語の学習を始め、卒業後はハノイの日系ホテルに就職し、4年間フロントとして勤務。新入社員の教育などにも携わる。日本語検定2級。

提携実習先ホテル

Au Viet Hotel

T&M Luxury Hotel Hanoi

教育カリキュラム

研修内容 研修時間数
ホテル・旅館の仕事の概要

‐ホテルの仕組み、部門別役割  -業務の流れ

5
接客のマナー

‐身だしなみ  ‐動作、態度、言葉づかい

5
言葉を覚える

‐客室の種類、ホテルの設備
‐備品、アメニティやリネン
‐基本的な日本の食べ物
‐レストランの備品

90
レストランサービス

‐テーブルのセッティング、接客マナー
‐トレイ、皿の持ち方、シルバーウェア、グラスの扱い方

30
フロントの言葉づかい、ロールプレイ

‐出迎え  ‐チェックイン
‐客室への案内 ‐チェックアウト、見送り
‐荷物預かり

20
清掃

‐ベッドメイク
‐パブリック清掃

30
衛生管理 5

日本語教育

1.反復練習が外国語習得で最も重要と考えて力を入れています。

会話の練習だけで流暢になる人も稀にいますが、ほとんどの人にとってはスポーツの練習のように体を使った発声や手を動かした練習の繰り返しが必要です。そうすることで日本語のリズムやパターンを体で覚え、文法の理解や会話の文章を組み立てる助けとなります。優秀な学生でも時間がたてば忘れるため戻っては何回転も繰り返します。

2.当たり前のことを徹底する

授業を効果的にするためには予習や宿題が不可欠ですので毎朝、宿題や練習、予習を確認してから授業に入ります。わからないところやできないことなどを頻繁にテストを行い見つけ出し、繰り返し練習できるようにしています。

3.その他の取り組み

1クラス15人以下

教師がひとりひとりと向き合え、発言や練習の機会が多くなるように、多くても1クラス15人までにしています。

教師の質の向上

経験のない先生を育て、経験者でも弊社の教育方法を身に着けるために教師の研修や教師同士の意見交換、お互いの授業見学などを行っています。

日本を知るためのイベント

語学習得というのは地道な作業の繰り返しなので、息抜きも必要です。季節に応じたイベントを行っています。

適正な送り出しのための取り組み

外国人材の受け入れではいろいろな問題が発生しますが、企業様から見えないところに根を発している場合も多く、企業様にとってはなぜ問題が起こっているのか背景が見えないことがあります。技能実習生や労働者たちが安心して働く環境を作ることで、問題を事前に防ぎ、受け入れ企業様で活躍し貢献できるように、以下の取り組みを行っています。

1.適正な手数料

日本でトラブルを起こしたり失踪する大きな原因は高額な初期手数料です。高額な手数料になる原因は、送り出し機関そのものの運営方針もありますが、日本へのキックバックや、送り出し機関の支店や顧問などと名乗るブローカーの中抜きが大きいため、そういった中間業者を入れず、法定通りの適正な出国費用にしています。

2.お互いに正確な情報を伝える

日本に行けば稼げるなど先入観による過度な期待などで、入国してからの現実が想像していた現実と違うこともトラブルの大きな原因です。個別面談や説明会などで本人や家族に最初から正確で詳細な情報を伝えます。その際に仕事の写真なども交え、手取りの給料から貯金可能金額まで伝えます。

3.日本語能力を伸ばすための取り組み

会話の練習だけで流暢になる人も稀にいますが、ほとんどの人にとってはスポーツの練習のように体を使った発声や手を動かした練習の繰り返しが必要です。そうすることで日本語のリズムやパターンを体で覚え、文法の理解や会話の文章を組み立てる助けとなります。優秀な学生でも時間がたてば忘れるため戻っては何回転も繰り返します。予習や宿題は毎日確認し、わからないところやできないことなどを頻繁にテストを行い見つけ出し、繰り返し練習できるようにしています。

4.取り組む姿勢や学力、適応力の確認

面接準備期間での生活態度や課題に取り組む姿勢などを細かくチェックします。また、日本での生活や仕事への適応力、日本語等の新しいことを学ぶための基礎学力をテストします。
今後はオンラインでの面接が中心になってくると考えておりますので、オンラインでも適正に評価できるように取り組んでいます。

バーチャル会社案内(現在動画を準備中です)

外観

受付

学生たち

何度も繰り返し口や手を動かして練習することで、日本語のリズムやパターンを体で覚え、文法の理解や会話の文章を組み立てる助けとなります。優秀な学生でも時間がたてば忘れるため戻っては何回転も繰り返します。

授業を効果的にするためには予習や宿題が不可欠のため、毎朝宿題や予習の確認をしてから授業に入ります。わからないところやできないことなど を頻繁にテストを行い見つけ出し、繰り返し練習できるようにしています。 当たり前のことですが、大切なことを徹底しています。

日本文化を知るイベント(書道)

 

日本文化を知るイベント(七夕)

国際女性の日、誕生日のイベント

先生やスタッフ

会議室

学生寮

窓からの風景

近くは日本を始め、台湾やマレーシア、韓国への労働や留学の学校がたくさんあり、毎朝元気よく発生練習の声が聞こえてきます。

ハノイの中心部ですが、裏側はまだ開発されていません。右上の低い建物は、ベトナム公安省本部です。左上は韓国のインターナショナルスクール。